比古地朔弥(ヒコチ・サクヤ)ブログ

漫画家、比古地朔弥(ヒコチ・サクヤ)のお仕事告知、宣伝の専用ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秩父ガイドブック 第一入稿終了

「秩父カフェ&アートカルチャーガイドブック」、やっと全ての原稿を出版社に入稿した。記事だけでなく、レイアウトやデザインまで手がけたので、一体いつ終わるとも分からないような、長い長い長~い作業だった・・・。といっても、あくまで第一入稿の段階。どうやら校正箇所がたっぷりあるらしく、再び格闘するであろうことは必須。ひい!

それでも、白いページが一つもなくなったのはありがたい。本業の漫画も忙しい時期が重なり、その合間に制作したのは心身共に非常にキツかった。クライアント確認の段階で、予想外に修正が多くこれにもまいった。誤字も妙に多かったのだが、これは写植をアンチエイリアスでやったためも大きいなあ。必要にせまられてだけど、アレはものすごく文字が見づらくなるのだ。うっかりもありますが。

簡単なデータ訂正以外にも、記事内容の変更希望も少なくなかった。部分的なものがほとんどだけど、都合が変わって全面的に作り直したものもあった。それでも、先方に納得してもらえるように要望を尊重し、ねばり強く対応した。喜んでいただけた記事が書けた時は、ほんとうに嬉しかった。そんな完成を目前にした中で、あとから一軒掲載不可になってしまったところも出た。時間のロスが重なり台割り変更も余儀なくされ、肉体的以上に精神的にボロボロ。なんやかんやで予定より大幅に遅れてしまっていた。それがやっとここまで辿り着いたのだ。まだまだ気を抜けないけど、ささやかに感無量。

問題は、発売を合わせたかったGWにどうやら間に合いそうにないこと。今回は掲載先から一銭もお金をいただいてない。広告ではないし、自分がその手の交渉する苦痛をさけたいのもあるけど、お金を出すところしか載っていないなんて魅力ないからだ。自分が紹介したいと思う、納得行く内容で、良い本が作りたい。何件も「有料じゃないのですか?」と警戒されたけど、まあ最初は仕方ないことだろう。逆をいえば、金を出せば載せるスタンスで作っていないのだ。秩父の全てを知りつくしている訳じゃないけれど、それにあたってセレクトの線引きは苦労した。善し悪し、というよりジャンル的に。

しかし最低でも経費は回収せねばならん。本の販売でそれを行うには、GWという集客時期は外したくないんだよなあ。まあ、気を長く持てば夏休み、秋の行楽シーズンとチャンスは続く訳だけど。
遅れても5月中には発行できることだろう。

さてこれからは漫画原稿が控えている。実はせっぱ詰まっている状況はまだまだ終わらない。とっとと寝て一休みしたいところだけど、徹夜明けで頭がテンパッているのでワーッと吐き出すことにした。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/19(木) 07:07:22|
  2. 秩父ガイド企画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。