比古地朔弥(ヒコチ・サクヤ)ブログ

漫画家、比古地朔弥(ヒコチ・サクヤ)のお仕事告知、宣伝の専用ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秩父図書館「この本が好き!」

11月7日まで、秩父図書館にて「この本が好き!」展が開催中。
秩父市にゆかりのある18人の好きな本、子供にオススメ本を紹介、
という企画で光栄にも私もお声をかけていただきました。

この通知をいただいて、改めて自分の影響を受けた本とか
感動して心に残っている本とか記憶を検索しましたが・・・
いやあ、見事に漫画しか出てきませんでしたw

私って、活字の堅い真面目な本って子供の頃からほんと
読んで無かったんだなあ~ってのが良くわかりましたわ。
小説とか、エッセイとかは若い頃から読んでましたよ。
でも、なんつーか面白がって読んでたのはミーハーな娯楽本ばかり。
「林真理子のルンルンを買ってお家に帰ろう」とか、
今の時代にあえて上げるのってどうよでしょ。
夏目漱石とか、読書感想文の課題で読んだ位だし。

さすがにいい大人になってからは活字本を読むことが多くは
なりました。今は漫画より多いくらいかも。
ちょっと難しそうな本も、昔よりは読んでます。
でも、いい大人になってからだと、情報収集的な読書が
多くて、自分の何か深いところに影響したり根付いたり
という存在感じゃないのだよなあ。

なもので、私が上げた漫画は、
藤子・F・不二雄「ミノタウロスの皿」
松本零士「銀河鉄道999」
美内すずえ「ガラスの仮面」

子供にお勧めは
藤子・F・不二雄「ドラえもん」

まさか秩父図書館に揃ってはあるまいよと、
漫画ばっかりだからスルーされちゃうかなとも思ったりしましたが、
全部ちゃんと展示スペースに見本の本が陳列されていました。
あちこちの地域の図書館の本も含まれています。
なるほど、ネットワークを駆使されている。

しかし全展示の中で、「ガラスの仮面」の最新刊だけは
「個人所蔵の本」から陳列されていました・・・・。
そこまでして揃えるとは!!
すごいな秩父図書館。
いや見直しました。
ていうか、お手数おかけてしてスイマセンw

読書はいいぞ~みんな本を読もう!
漫画もいいけど、活字もね。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/05(金) 21:16:23|
  2. 秩父企画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。