比古地朔弥(ヒコチ・サクヤ)ブログ

漫画家、比古地朔弥(ヒコチ・サクヤ)のお仕事告知、宣伝の専用ブログです。

猫目くんシリーズ3

CA9RFDDF.jpg
霊能者猫目くんシリーズ3話目掲載
「あなたが体験した怖い話」1月号/ぶんか社
発売中。
実話エピソードを元にしたマンガっぽいマンガです。

しかし、私のようにどっちかというと男っぽい、
中性的な絵や描写のタイプだと、こういうマンガは
意外と描ける場所少ないのかもなあ。

少女系、オタよりの雑誌とかだといっぱいあるような
気がするんだけど。良く把握してないですが。

青年誌はもっと現実的なカラーとか、お洒落サブカル的カラーや
絵柄とかが必要な気がするし、少年誌ってのも私には
敷居が高いしなあ。

そういう意味では描いてて楽しいです。
これまでの私の作風の中でも、マンガっぽい描写を
のびのび入れたりしています。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/25(木) 17:28:27|
  2. お仕事関係

秩父図書館「この本が好き!」

11月7日まで、秩父図書館にて「この本が好き!」展が開催中。
秩父市にゆかりのある18人の好きな本、子供にオススメ本を紹介、
という企画で光栄にも私もお声をかけていただきました。

この通知をいただいて、改めて自分の影響を受けた本とか
感動して心に残っている本とか記憶を検索しましたが・・・
いやあ、見事に漫画しか出てきませんでしたw

私って、活字の堅い真面目な本って子供の頃からほんと
読んで無かったんだなあ~ってのが良くわかりましたわ。
小説とか、エッセイとかは若い頃から読んでましたよ。
でも、なんつーか面白がって読んでたのはミーハーな娯楽本ばかり。
「林真理子のルンルンを買ってお家に帰ろう」とか、
今の時代にあえて上げるのってどうよでしょ。
夏目漱石とか、読書感想文の課題で読んだ位だし。

さすがにいい大人になってからは活字本を読むことが多くは
なりました。今は漫画より多いくらいかも。
ちょっと難しそうな本も、昔よりは読んでます。
でも、いい大人になってからだと、情報収集的な読書が
多くて、自分の何か深いところに影響したり根付いたり
という存在感じゃないのだよなあ。

なもので、私が上げた漫画は、
藤子・F・不二雄「ミノタウロスの皿」
松本零士「銀河鉄道999」
美内すずえ「ガラスの仮面」

子供にお勧めは
藤子・F・不二雄「ドラえもん」

まさか秩父図書館に揃ってはあるまいよと、
漫画ばっかりだからスルーされちゃうかなとも思ったりしましたが、
全部ちゃんと展示スペースに見本の本が陳列されていました。
あちこちの地域の図書館の本も含まれています。
なるほど、ネットワークを駆使されている。

しかし全展示の中で、「ガラスの仮面」の最新刊だけは
「個人所蔵の本」から陳列されていました・・・・。
そこまでして揃えるとは!!
すごいな秩父図書館。
いや見直しました。
ていうか、お手数おかけてしてスイマセンw

読書はいいぞ~みんな本を読もう!
漫画もいいけど、活字もね。
  1. 2010/11/05(金) 21:16:23|
  2. 秩父企画

武甲山の写真展を開催します。

20100820kumo.jpg


「ぼくたちでつくる写真展

 第2回 こころの山・・・武甲山の今と昔、
そして武甲山信仰から生まれた秩父夜祭の今と昔」

  主催/ぼくたちでつくる写真展の会  後援/秩父市

■秩父じばさんセンター2Fで開催
 (秩父鉄道秩父駅併設ビル、無料駐車スペース有。混雑時は駅隣接有料駐車場へ。)
 
■2010/11/9~11/14 午後1時~午後6時                   
 (11/13&11/14 の土日は午前11時~午後6時)  

■入場料無料

変貌を続ける31年間の武甲山の写真の他、 
秩父在住の写真家 南 良和氏・富田 義雄氏、
故・井上 茂氏、故・清水武甲氏 等の写真、
また一般の方の武甲山写真も展示します。

武甲山の歴史を振り返り、また未来を考える機会に
なってほしい展示会です。
第一回では、「武甲山がこの形だったとき、私はこんな
だったなあ」などと懐かしむ声も多かったです。
皆様ぜひ足をお運びください。

コピペ告知応援大歓迎です。
どうぞよろしくお願いします。

主宰者ブログhttp://mtbz1336.blog88.fc2.com/
  1. 2010/11/04(木) 17:06:18|
  2. 秩父企画